大学中退、ニート向け就職支援する
大学中退 フリーター・ニート 正社員就職おすすめ就職サイト > 大学中退ニート > 大学中退ニート向け就職支援を利用して正社員になる!

大学中退ニート向け就職支援を利用して正社員になる!


大学中退、ニート向け就職支援

大学中退したニートの就職、どうする?

大学中退後、ニート生活になった方。
でも、そろそろニートを脱出して正社員になろうと思っているのだけれど・・・。

そう思った時、どういった就職活動の方法をするかが重要になります。

特にニート歴が長くなればなるほど、就活が厳しくなることが多くなってしまうのが現実です。

ニートの就職活動は書類選考の段階から不利になってしまうため、就職活動の方法を選ぶ事が大切です。

就活の仕方を選ぶことで、ニート歴が長くても正社員就職できる可能性を上げることができます。

大学中退者が正社員になるために、どういった就活をすると内定率を上げる事ができるかをご紹介しています。

学歴や経歴で悩むことも今はあるかもしれませんけれど、就職して数年経つと、そうした過去はあまり気にならなくなります。

今が忙しいですし、将来もありますからね。

大学中退ニートから就職する方法をみていきたいと思います。

大学中退ニートから社会復帰、正社員になる方法

未経験でも採用されやすい仕事
大学中退ニートから正社員になる方法として、

・正社員での採用を目指す方法
・アルバイトから正社員登用を目指す方法

と2つが主なものとして挙げられるでしょうか。

いきなり正社員として働くのはこわい、責任が重いと感じられて就活が進まない。
そうしたニートの方もいるかもしれません。

ただ、就職活動のために動くことが出来るニートの人は、最初から正社員になることを目指して就活することをオススメします。

ニート生活からの社会復帰、ということをまず目指すのであればアルバイトから少しずつ家の外に出て働くのも良いのですが、今度はバイト生活(フリーター生活)が快適で正社員就職に動けなくなる可能性もあります。

正社員登用あり、だったしても結果的に正社員になれないこともあります。
(正社員登用が嘘とは言いませんが、登用されるほど活躍するのはやはり大変です)

フリーターでもしっかり仕事をすれば生活するだけの収入を得ることは可能です。

実家暮らしであれば、十分なお小遣いもあると思います。

そうしている間に年齢を重ねてしまうと、今よりもさらに就職が難しくなってしまう可能性が高いです。

ニート ⇒ フリーター ⇒ ニート ⇒ フリーター

いつしか30代へ突入・・・その後40代へ、といった知り合いも実際いるのですが、正社員就職はもはや諦めているようです。
(最近だとアルバイトも採用されないようです)

ニートから社会復帰するために最初はアルバイトをするにしても、期限を決めて正社員就職をするようにした方が良いのではと思います。

ニートから正社員就職する時、重要なのは若さ・年齢

大学中退後の就職活動
ニートから正社員就職を目指す時、最も重要なのは「若さ・年齢」です。

大学中退後ニート、ということで職歴なし・社会人未経験ニートという方がほとんどだと思いますが、企業が未経験者を採用する時に重視するのは、

年齢

です。

今は求人募集を行う際に年齢制限を記載する事は出来ませんが、実際には採用にあたって「何歳までは採用を検討する」と年齢の基準を決めているものです。

ハローワークも利用して人材募集をすることがあるのですが、求職者の方が35歳、37歳など30代後半の方からの応募になると、事前に「何歳の方が御社の仕事に興味をお持ちなのですが、応募は可能ですか?」と連絡確認が来る事があります。

企業側が採用にあたって年齢を重視することが多い事を知っているからなのでしょう。

ニートやフリーターの方など、社会人未経験者を採用する場合には20代までという企業が多いです。

20代ニートの就職、28歳、29歳など20代後半は就職は厳しい?

20代とはいっても人物次第で29歳、出来れば27歳以下、といったような年齢の基準を考えている企業も多いですよ。

ニートから正社員になりたい、と思った時。

20代でも年齢が若いほど応募出来る求人が多くなります。
また、大学中退後にブランク期間を空けないで就職活動することになりますよね。

22歳、23歳ニート歴も浅いことになりますので、採用される可能性も高くなります。

ニート歴1年で22歳の人と、ニート歴7年で28歳の人では確実にニート歴1年の人の方が採用されやすいといえます。

大学中退後ニートから脱出し、一度正社員になり経験を積むことが出来れば、次の転職活動を考えることが出来ます。

本当に興味のある仕事への転職も目指しやすくなっていると思います。

無職のままだと就職はどんどん厳しくなりますが、正社員経験者は転職を考えることが出来るようになります。

いきなりやりたい仕事が見つかる人は少ないですから、まずは正社員として就職することを考えみてはいかがでしょうか。

【大学中退ニートが就職する方法】ニート向け就職支援サイトの活用

就職アドバイザー
大学中退ニートから正社員就職を目指すとき、最も就職成功が高い就活が出来る方法が、

ニート向け就職支援サイト

を活用する方法です。

⇒ 大学中退 ニート向け就職サイト
で詳しくご紹介していますが、

・DYM就職
・ジェイック

などのような就職支援サイトは大学中退・ニート・フリーター・既卒といった人を専門として就職サポートを行っています。

求人紹介、というと知名度が高いリクルートエージェントやdodaなどを思い浮かべる人もいると思うのですが、正社員経験がないと登録を断られます。

未経験者向けの転職支援では無いですからね・・・。

大学中退ニートも専門的に就職支援しているのは、DYM就職やジェイック、ハタラクティブ、就職shop、ウズキャリなどの就職支援サイトとなります。

ニートOKで未経験者歓迎、ニート向け求人を多く扱っていることが大きな特徴です。

書類選考無しで面接を受けられるニート向け就職支援サイトも増えていますので、それだけでも就活が有利になっているといえるでしょう。

大学中退ニートから正社員就職する近道として、こうしたニート向け就職支援サイトの活用をおすすめしています。

【大学中退ニートが就職する方法】国の就職支援サービスの活用

大学中退ニートから正社員になる方法として、ハローワークも利用出来ます。

興味のある仕事がある場合。
その仕事に関連したスキルなどが職業訓練校で学べる場合には、ぜひ職業訓練を受けてみる事をオススメします。

全くの未経験で求人へ応募、就活を頑張るよりも内定獲得出来る可能性が高くなります。

実際に職業訓練校を経由して就職成功した人を何人も知っています。

30歳を超えた人も、正社員就職していますよ。

年齢を考えた場合、30代から正社員就職を目指すには民間の就職支援サイトは利用出来ないところが多いですから、国の就職支援サービスを利用しての就活がメインになると思います。

・わかものハローワーク
・ジョブカフェ
・サポステ

など就職相談をする先が他にもあります。

手厚いサポート、はそこまで期待出来ませんがハローワークやサポステなども状況に応じて利用されると、就職への道が開けることも多いですよ。

ニート向け就職支援サイトを利用するメリット

大学中退後、ニートが就活で悩むことが多いものとして、次のようなものがあるのではと思います。

・大学中退後、就活の仕方が分からない
・自分がどんな仕事がしたいのか分からない
・ニートOKの求人が見つけられない
・履歴書、職務経歴書の書き方が分からない
・書類選考で落ちる
・面接に辿り就けても落ちる
・面接対策が苦手
・ブラック企業には絶対就職したくない。でも自分では見極められない

いざ就活をしようと思っても、色々な悩みが出てきてしまい就職活動が進まない・・・。

大学中退後、ニートから就職を目指す時、一番大切なのは就職相談する相手がいることと言えます。

就職相談をして、解決策を提示してくれる相手がいると就職活動は確実に進みやすくなるでしょう。

⇒ 大学中退 ニート向け就職サイト
を利用した場合、サポートとして就職アドバイザーやコンサルタントが1人選任で付いてくれます。

キャリアカウンセリングを元に適性や興味のある業種・職種を考え、ニートOKの求人を紹介してくれます。

自分で求人サイトを利用して探すよりも、効率良く求人探しを進めることができますし、応募書類の添削、面接対策などもしっかりサポートしてもらえます。

就活の仕方が分からない、大学中退ニートから優良企業、ホワイト企業へ就職したい、といった場合にも活用出来ます。

どういった求人が紹介可能かは、就活をするタイミングや時期(求人が増える時期は色々紹介してもらえます)にもよりますので、まずは就職相談からはじめてみてはと思います。

大学中退ニートの就職活動には様々なメリットのあるニート向け就職支援サイトの活用がオススメです。




キーワード