大学中退フリーターの就職活動
大学中退からの正社員 就職サイト > 大学中退後の仕事探し > 大学中退フリーター すぐ働きたい時の就活法

大学中退フリーター すぐ働きたい時の就活法


大学中退 フリーター すぐ働きたい

大学中退フリーター すぐ働きたい時の就活法

大学中退後、フリーターになってしばらく時間が経ってしまって・・・という方も多いと思います。

正社員就職を目指す場合、フリーター期間、ブランク期間が長ければ長いほどやはり不利となってしまいます。

「でも・・もう27歳。そろそろ正社員にならないと、と思っている」

「事情があって早く正社員就職して、収入を得ないといけない」

何らかの事情があって、できるだけすぐ就職先を決めて働きたい場合や、年齢的に就職しやすい20代の間に正社員就職を決めたい、といった場合などには出来るだけ短期間で就職活動を成功させる必要があります。

フリーターとして働いていると、意外とあっという間に時間が経っていて、という方も少なく無いのではと思います。

年齢も高くなればなるほど正社員としての就職が難しくなってもしまいます。

大学中退フリーターからの正社員就職

すぐに働きたい場合にオススメの就職活動の方法をご紹介しています。

大学中退、フリーター 短期間で内定率の高い就活をするには

大学中退後にフリーターになり、正社員就職を目指す場合には色々な就職活動の方法を選ぶ事が出来ます。

就活の方法として代表的なものには、

・ハローワーク
・求人サイト
・就職支援サービス

が挙げられます。

他にも色々とありますが、多くの方が「就職活動」ということで最初に利用を思い浮かべる事が多いのは上記ではないでしょうか。

アルバイト先で正社員になろう、という方はすぐに上司に確認してみてください。
もし正社員登用があれば推薦してもらえたり、試験内容を教えて貰えたりなどあると思います。

正社員登用が無い場合には、すぐに就職活動ですね。

脱フリーター、短期間で正社員就職に成功するにはハローワークは時間が掛かりすぎる場合が多いです。

また求人サイトの場合、自分で探して応募する就活となります。
そのため、性格によっては興味のある求人があっても色々と考えすぎてしまって、応募まで至らない・・・なかなか就活が進まない可能性もあります。

そこでオススメするのが、就職支援サービスです。

就職支援サービスを利用した場合、専任のコンサルタントが付いて就職を内定獲得までサポートしてくれます。

第三者が支援に入ってくれることで、就活で立ち止まることが少なくなるメリットがあります。

キャリアカウンセリングや面談を行った後に、興味のある仕事、適性のありそうな仕事、合っていそうな会社の求人紹介をしてくれますから、興味があれば応募する事になります。

その際、求人サイトなどでは得られないような詳しい企業の情報も提供してもらって、検討する事が出来ます。
そのためミスマッチを極力減らして、就職する事が可能です。

これも就職支援サービスを利用する大きなメリットといえますね。

企業担当者(担当コンサルタントの場合もあり)が直接企業へ足を運んで取材してきた情報だからこそ、参考になります。

どんな上司について、どんな仕事をするのか、といった事も取材している事が多いですから具体的に就職した後をイメージすることも出来るでしょう。

企業の詳しい情報が得られる、と言う事はブラック企業に就職しないためにも重要ですね。

企業ごとに今回、採用に求める人材などの情報も把握。
そうした詳細な情報を元に面接対策もアドバイスしてくれますから、成功率の高い就職活動をする事が出来るのも大きなメリットです。

大学中退フリーター オススメ就職支援サービス

⇒ 正社員就職の実績多数!おすすめ就職支援サイト

でもご紹介をしていますが、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

などは短期間での正社員就職に実績も多く、オススメです。

出来るだけ早く就職先を見つけたい

と希望している事をお伝えになると良いでしょう。
もちろん、その事情も合わせて伝える事をオススメします。

必要があれば面接日の調整など、出来るだけ早期に行ってもらえるように企業側とも交渉を行ってくれるはずです。

大学中退後、空白期間を空けないことが就職には重要

大学中退後、すぐに働くために就職活動をする事は重要です。
学校を中退後、もし空白期間が長くなってしまうと就職に不利になる事が増えてきます。

空白期間とは、正社員として働いていない時期の事を言いますので、フリーターやニートとして過ごしていた場合でも、就職活動の際には面接官から質問を受けることになります。

1年以上の空白期間、何をしていたのですか?

通常、就職活動にかかる期間は1ヶ月~2ヶ月、長くても3ヶ月を考えます。

採用選考にあたる面接官も多くはこの期間で就活期間を考えますから、半年以上の空白期間がある場合には、

就職活動をせずに、何をしていたのだろう?

と考える事が多くなります。

また、空白期間が1年、2年と長くなると考えるのは、

仕事をする意欲に乏しい人材では

という事です。

言い換えると、辞めやすい人かもしれない、といったネガティブなイメージを持っている可能性があると言うことになります。

また、他の企業では採用されない人材で何か問題があるのかもしれない、といった事を考える可能性もあります。

いずれにしても大学中退後、空白期間が長くなる事は就職活動に不利になってしまう事が多いため、もし大学中退後すぐに就職活動をされる場合には、不採用が続いてしまったとしても就活を休まず、諦めずに続ける事をオススメします。

不採用が続いてしまった場合には、今までの就職活動の方法を見直す事も重要なポイントです。

面接対策にも力を発揮する就職支援サービス

大学中退後、就職のために面接を受ける
面接でも必ず聞かれる質問のセットがあります。

「どうして大学を中退したんですか?」

「どうして大学中退後、就職せずにフリーターになったんですか?」

「どうして今までずっとフリーターだったんですか?」

「どうして弊社に応募しようと考えたのですか?」

こうした面接の質問に対しての答えを考えるのが面倒だし苦手で・・・といった方も多いのではないでしょうか。

例え面倒だと思ったとしても、正社員就職するには避けては通れないのが面接ですから、どういった内容で答えるかは考えて準備をする必要があります。

上記でご紹介したような就職支援サービスを利用する事で、面接対策に関してもサポートを受ける事が出来ます。

面接対策はやはり大切ですから、本番で失敗の内容にしっかりと準備をしたいですね。

⇒ 大学中退フリーター オススメ就職支援サービス




キーワード