就活が上手くいかない悩み
大学中退者の就職 厳しい、それでも就職するには > 大学中退 就職 > 大学中退後、就職は厳しいが正社員になる方法はあります

大学中退 就職 厳しい


大学中退、就職が厳しい・・・

大学中退後、就職は厳しくなっています

大学中退したら詰む、就職はもう無理かも・・・と思う瞬間もあるかもしれませんが、決して無理ではありません。

大学中退者の就職は厳しいかもしれませんが、正社員になることは可能です。

とはいえ大学を中退した後に就活をしてみたものの・・・厳しい状況が続き、就職できない方もいると思います。

特に今は有効求人倍率も下がってきており、様々な業界・業種で求人が減っている状況です。

しかしだからといって就活を諦めてフリーターで良い、ニート生活をしばらくしようかな・・・という訳にはいかないですよね。

空白期間が長くなると、大学中退者の就職はさらに厳しいものとなります。

大学中退後、就職が厳しい場合にはどうしたら良いでしょうか。

大学中退、就職は厳しい理由

大学中退者の就職は確かに厳しくなります。

しかし、正社員として就職している方もたくさんいます。

新卒のように業界・職種を選びやすい状況とはいえませんが、しっかりと就活準備をして求人に応募することで内定を貰える可能性を高めることは出来ます。

大学中退後、特にやりたい仕事がなくて・・・とフリーターやニートになる方もいるかもしれませんが、出来るだけ空白期間は短くすることが正社員就職を成功させる重要なポイントになりますよ。

不利と言われる点に対して対策をしっかりとすることで、書類選考も通過率が上がるでしょうし、面接対策もしやすくなるはずです。

もちろん求人によっては応募するために学歴が大卒以上、といった場合もありますが、多くの求人は高卒以上可です。

また学歴不問の業界、大学中退でも入りやすい業界などからの求人を狙うことで、さらに就職しやすくなるといえます。

大学中退した後、就職は厳しくはなりますが詰むといったことはありません。

就職をすることは十分に可能ですから、ぜひ就職が厳しい期間が続いたとしても諦めずに就活に取り組まれてみてはと思います。

大学中退後、最初から就職支援サービスを使って就活する方法

大学中退後、色々な就職活動の方法がありますがその中の一つに就職支援サービスを使う方法もあります。

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

などは20代の社会人未経験者向けの就職支援サービスとして、実績も豊富ですからおすすめをしています。

大学中退者の就職が厳しいと言われる理由

大学中退者の就職が厳しい、と言われるのには理由があります。

全ての採用担当者、面接官がそうだとは言えませんが共通して以下のような印象を持たれてしまう、といったことも影響するでしょう。

その前提として、中途採用の求人に対して様々な求職者が応募しています。

・第二新卒
・既卒
・大卒フリーター
・即戦力の業界経験者

といったライバルと比較しての印象となります。

大学を中退したことに対してネガティブな印象がある

どういった事情があるにせよ、やはり大学中退ということに対してはネガティブな印象を持たれるといって良いでしょう。

経済的な事情であっても、もう少し頑張ればなんとかなったのでは?
思えるような場合もあります。

その場合、本当の大学中退理由は他にあるのでは?
と思われてしまう可能性もあります。

アルバイトの方が楽しくなり大学に行かずにいたら留年した、人間関係が上手くいかず退学を選んだ、といった方もいるかもしれません。

ポイントは他責にせず、反省すべき点は反省し、次に繋げるような内容で話すこととなります。

そのため面接対策として最重要なのが、

「大学中退理由の伝え方、内容」

といえます。

中途採用への応募でライバルと比較され、採用人数が少ない

大学中退者の就職が難しくなる理由として、やはり中途採用枠への応募となることは大きいでしょう。

また、採用人数が少ないこともあり、書類選考で落ちることがどうしても多くなってしまいます。

面接になかなか辿りつけなくて・・・と悩んでいる大学中退者の方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、先ほどご紹介した就職支援サービスの中では、

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

書類選考なしで面接を受けることが出来ます。

大学中退後、就職できない場合どうしたら良い?

大学中退後、就職活動をしてみたものの・・・なかなか就職先が決まらなくて。

という方も多いのではと思います。

様々な事情によっての大学中退後、多くの方は生活のためにお金を稼ぐ必要がありますよね。

今すぐに正社員の仕事、キャリアの事は考えられないし少し自由に生活したい、とフリーターを選ぶ方も多いです。

しっかりと収入を得る必要があるから、出来るだけ早く正社員就職したい。
と正社員として仕事に就くために、中退後すぐに就職活動をスタートされる方も多いですよね。

でも、思ったように就職活動が上手くいかない。
履歴書を送っても送っても届くのは不採用通知ばかり・・・

といった方も多いのではないでしょうか。

大学中退は確かにハンデとなる事も多いです。
しかし、大学中退者は就職出来ない、という事はありません。

大学中退後、正社員就職に成功する人就職出来ない人とでは、就職活動の方法や進め方で違いが見られる事も多いんですね。

大学中退者は「高卒」として就職活動をする必要があります。

そうした現状をしっかりと受け止めて就活を進める方は、中途採用されやすいようです。

就職活動を既に始めているけれど・・・なかなか就職が決まらなくて困っている、という方、特に自力での就職活動をされている方は、就活の仕方を変えてみる方法も効果的です。

就職活動の仕方を変えてみる

大学中退後、すぐに就職活動を始めるために求人サイトはハローワーク(ネットでも求人が見れますね)を利用して仕事探し、良いなと思う求人に応募を続けている方も多いのではと思います。

就職活動を成功させる重要なポイントに、

情報収集

があります。

就職活動が上手くいかない方の多くは、情報収集=準備不足である可能性が高いと考えられます。

高卒可、未経験者歓迎の正社員求人をうまく見つけられていない可能性もありますね。

とはいっても、情報収集はもう十分しているつもり、どうやってもっと企業研究をして良いか分からない、という方も多いと思います。

そうした場合、他人の力を利用しての就職活動が良い場合も多いです。

就職支援サービスを利用して就活する

大学中退後、空白期間が長くなるほど就職が厳しくなっていきます。

また経済的な事情から、早く正社員として就職して仕事がしたい、稼ぎたい、といった方もいらっしゃると思います。

その場合、就職支援サービスを活用される方法が短期間で就職が決まる可能性が高く、ぜひ活用してみていただきたいです。

⇒ 大学中退後、最初から就職支援サービスを使って就活する方法

でご紹介していますが、こうした大学中退・フリーターの就職支援に特化した就職支援サービスを活用する事で、情報収集については十分な質と量を得ることが出来るようになります。

一人で就職活動をしている場合、不採用理由が分からない事が大半なのですが、就職支援サービスを利用した場合には「なぜ、落ちたのか理由」を確認してくれたり、他の内定獲得者と比べてどこが違うのか、といったアドバイスをもらう事が出来ます。

そのため、次の求人への応募先企業に対してしっかりとアピールをすることも出来ますし、就職成功率を高めていくことも出来るでしょう。

大学中退後、短期間で就職できる可能性

もちろん、本人の行動力やアドバイスを受け入れる素直さなども重要となりますが、一人での就職活動にこだわって就職先を探すよりも短期間で就職に成功出来る可能性は高いと言えます。

また、既に就職支援を活用しているけれど、思ったように就活が進まなくて・・・といった場合には、

・仕事を選び過ぎていないかどうか
・担当者が合っていない可能性

なども考えてみてください。

就職支援サイトもたくさんありますが、取り扱っている業界・職種には違いがあります。

女性の場合にはサービス・販売職を専門として就職支援を行っているところなどもありますし、希望される仕事によって、使い分けは必要かなと思います。

男性の場合も同様で、未経験OKエンジニア求人が探しやすい、営業職の求人が様々な働き方から選びやすいなど、色々とあります。

一度、これまでの就職活動を振り返ってみる時間を持つ事も重要といえますね。




キーワード