就職活動の仕方
大学中退からの正社員 就職サイト > 大学中退 就職 > 大学中退後に選べる進路について

大学中退後に選べる進路について


大学中退後 進路

大学中退後、就職も含めてどんな進路がある?

大学中退後、まだ年齢も20歳、21歳といった方が多いと思います。
19歳など10代の方も多いかもしれませんね。

まだまだこれから、という年齢ですから正社員就職も含めて、大学中退した後に色々な進路を考える事が出来ます。

大学中退後、したい事として思った事のトップは

「正社員として就職したい」 46.6%

ですが、

「アルバイトをしたい」 21.4%

「他の学校へ入学したい」 12.8%

「資格を取得したい」 11.4%

といったように他の進路を考える大学中退者も多いですね。

参考URL:大学等中退者の就労と意識に関する研究

半数近くの大学中退者は安定した収入、生活を希望ということで「正社員就職」を考えているといえますが、就職する前に他の道も考えてみたい、希望の職種に就けるように先に資格を取得したい、といった方も一定数います。

大学中退後、どんな進路が自分には良いのかな?と迷っている方も多いのでは、と思います。

20歳前後という年齢の場合、様々な選択肢が進路として選べます。

ただ、経済的な理由から大学中退した方は、正社員就職のみしか選択肢が無い方もいるかもしれませんね。

それぞれの方に合わせて後悔の無い、進路を選ぶことが大切と言えます。

いずれにしても、大学中退後は進路を決めて早く行動する方が良いです。

ブランク期間が空けばあくほど、何をするにしてもリスクが高まりますし年齢を重ねてしまいますからね。

正社員就職になるために就職活動をする

大学中退後、最も考えると回答した方が多いのが「正社員就職」です。

現実的な選択肢ともいえますよね。

生活するにはお金が必要ですが、アルバイトでは収入も時給ですから不安定、福利厚生もほぼ無し。

誰にでも出来る仕事をアルバイトとして募集する訳ですから、経験も積む事が出来ません。

正社員として働く事が出来れば、給料・年収もアルバイトよりも良いですし、仕事を通じて経験を積む事が出来ます。

各種手当てがある企業も多いですし、福利厚生も厚生年金もあります。

正社員就職する事によって、生活が安定すると言えます。

大学中退後、正社員就職に成功しやすいタイミングは大学を辞めた直後~半年間といって良いでしょう。

採用担当者としても、この期間中は志望動機も納得しやすいものが多いのでしょう。

ブランク期間が空けば空くほど、何かしら問題がある人材では?と思ってしまうものですからね。

特にやりたい事が無いから、アルバイト。
気づけば3年、4年とフリーターだった・・・というのは避けたいですね。

「特にやりたい事が無い」のであれば、正社員就職を考える事をオススメします。
⇒ 大学中退から正社員 仕事に就くための就職サイト

などを活用すると、大学中退者向け求人に関しての情報を得やすいです。

他の学校へ入学する

他の大学への編入、新たに専門学校へ入学を検討する大学中退後の進路もあります。

トリマー、サウンドエンジニア、ゲームクリエイター、美容師など職業に特化して学ぶ事が出来る専門学校もたくさんありますよね。

やりたい仕事がハッキリ見つかっていて、新たに学び直したい方は専門学校に入学する方も多いですね。

そのためにアルバイトをして学費を貯める、翌年、入学をするといった方も周りにいました。

他大学や専門学校に入学する場合、学費がまた掛かること、卒業時の年齢などにも注意する事が必要ですね。

せっかく入学し直したのに、学費が足りずにまた中退・・・とならないようにしたいです。

アルバイトをする(フリーター)

とりあえずやりたい仕事も無いし、生活費やお小遣いが欲しいからアルバイトをする。

先ほども書きましたが、

「なんとなくアルバイトを始めて、気がつけば3年、4年とフリーターだった・・・」

となると、正社員就職も厳しくなってきますし、リスクが大きいと言えます。

アルバイトをするにしても、期間を決めて22歳になったら正社員就職をするなどがオススメです。

20代の間はアルバイトも見つけやすいですし、今はバイトも高時給の求人が多くなっていますから生活も出来ると思います。

しかし、もし30歳を超えてフリーター、職歴無し・未経験の場合には非常に正社員就職が難しくなります。

フリーターの末路は調べるとたくさん見つかると思いますので、情報として頭に入れておかれると良いかもしれません。

公務員を目指す

20歳前後であれば、まだまだ公務員試験を受けることが出来ます。

地方公務員を目指すのでしたら、十分に可能性はある大学中退者の方も多いでしょう。

不景気なときほど人気の高い公務員ですが、今はあまり人気が無いので採用されやすい時期ともいえます。

狙い目かもしれませんね。

資格取得を目指す

大学中退後、資格取得を目指す事も出来ます。

しかし、就職を考えての資格取得であれば、企業が高い評価をする資格を選んで取得する事が重要となります。

誰でも取れるような簡単な資格を幾つか取得しても、就職活動であまり役に立たない事は多いですからね。

時間もお金もムダにしてしまった・・・という方を何人も知っています。

もし大学中退後、就職のために資格取得を考えるのであれば、

・難易度
・費用
・取得のための勉強期間
・資格が企業にどれくらい評価されるか

などは情報収集をしてから、お考えになる事をオススメいたします。

派遣社員として働く

大学中退後の進路として、派遣社員を選ぶ方もいます。

フリーターとしてよりも派遣社員として働く方が高収入である場合は多いです。
残業無しなど、プライベートも充実させやすいメリットもあります。

紹介予定派遣もありますね。

正社員をお考えになっている方は、職場の雰囲気も分かりますし、仕事を経験して向いているかどうか判断してから決める事が出来る紹介予定派遣もオススメです。

ただし注意点としては、紹介予定派遣だからといって必ず正社員雇用に切り替えてくれる保証は無い、ということですね。

派遣も人によっては気がつけば年数が経っていて、正社員就職が難しくなってしまうケースもあります。

年を取ることの正社員就職へのリスク

正社員就職を選ぶ以外、様々な進路を考える事が出来ます。
上記の他にもまだありますよね。

海外へ行って見聞を広げる人、とりあえず時間があるので日本縦断に挑戦してみる人、大学中退ニートになる人、色々な方がいます。

一点言えるのは、正社員として就職する事を考えた場合、年齢が上がるにつれて就職が難しくなる、ということです。

特に年齢の区切りとして、29歳があります。

20代をもし職歴無しのフリーターで終えて締まった場合。
30歳になると未経験OKの正社員求人が激減してしまうのは覚えておきたいですね。

30代、40代でフリーター、契約社員、といった状況になってしまうと辛い将来(末路)しか見えてきません。

正社員就職しやすい20代をどう過ごすかで、将来が丸っきり変わってくると言えます。

大学中退後、いずれの進路を選ばれるにしてもブランク期間が空きすぎないようには注意して頂きたいなと思います。

もし、正社員就職をお考えになっていたり、就職に関して迷っている事があれば、

⇒ 大学中退から正社員 仕事に就くための就職サイト

を利用して求人紹介や就職相談をする事が可能です。

利用は無料ですし、情報収集のために利用してみたという方も多いですね。




キーワード