大学中退からの正社員就職
大学中退からの正社員 就職サイト > 大学中退 就職 > 大学中退 22歳からの正社員 就職活動

大学中退 22歳からの正社員 就職活動


大学中退 22歳 就職

大学中退 22歳 正社員 就職活動

大学中退をして正社員になるために就職活動を始めようと思っている22歳の方へ。

22歳と確かにまだ年齢的には若いのですが、そこで「とりあえずやりたい仕事も無いし、しばらくフリーターで良いかな」とアルバイトを選んで生活する事は出来るだけ避けた方が良いです。

年齢によらず、一度フリーターになってしまうとフリーターから脱出、正社員就職するのが大変になってしまう方は多いのです・・・。

今22歳。大学中退して、1,2年フリーターをしていたとしても、まだまだ20代前半だし正社員就職は楽勝では?自分なら本気で就職活動をすれば、すぐに仕事に就けると思う!

といったように自信をお持ちの方も多いかもしれませんが・・・

売り手市場と言われる現状であってもフリーターや既卒、大学中退、ニートといった職歴なし、社会人未経験からの就職活動はそう簡単ではありません

年齢が若ければ就職しやすい、というのは確かですが、実際には若くても就職出来ない方はとても多いです。

就職が簡単ではないからこそ、こんなに多くのフリーター向け就職支援サイトなどがあると言って良いでしょう。

多くの方が自力での就職活動が難しくなって、こうしたフリーター向け就職支援サイトに登録、求人紹介などサポートを受けて就職を決めています。

22歳よりもさらに若い、20歳フリーター、21歳大学中退といった方も利用して正社員就職を決めています。

大学野球の就職活動は様々な方法がありますが、より成功率の高い就職活動をしたいと考えるのであれば、こうした就職支援サイトの活用をオススメします。

⇒ 大学中退者 正社員就職の実績多数!おすすめ就職支援サイト

大学中退 ⇒ フリーターは安易に選ばない方が良い、という話

大学中退 就活
浪人や留年をしていない場合、22歳という年齢は大学中退しなければ新卒として就職する年齢です。

正社員として就職すれば、フリーターよりも月収も高いでしょうしボーナスも支給される(はず)です。
年収も年齢とともにアップしていく方が多いでしょう。

フリーターと正社員の生涯賃金の差は約2億円以上、といった話を聞いたり見たことがある、という方も多いと思います。

ずっと時給が変わらず、年収が何歳になっても変わらないフリーター。

年齢を重ねる度に昇給があり、業績によってはボーナス支給額も増えるかもしれない正社員では、やはり大きな生涯賃金の差が出るのは当たり前と言えます。

また正社員として働くほど、職歴やキャリアとして積み上がっていきます。
しっかり働いてキャリアを積み重ねると、その後の転職もしやすくなります。

しかし、フリーターとして年齢を重ねても時給も大して上がりませんし、職歴・キャリアも積み重なりません。

ただ、年齢が増えて就職しにくくなるだけです・・・。

フリーター脱出、正社員就職するためには未経験OKの正社員求人を中心に応募をして良く事がポイントとなりますけれど、

・25歳
・27歳
・29歳

といった年齢の区切りで未経験OKの正社員求人の数が減ってきてしまいます。

大学中退者の就職活動は、年齢関係無く22歳であっても「中途採用枠」を狙っての就活になりますし、最終学歴も「高卒」となる方がほとんどでしょう。

さらには大学中退という事実から「途中で辞めやすい人材」というイメージを持たれやすく、ハンデを持っての就職活動となりやすいです。

一旦フリーターになってしまうと、思っている以上にフリーターを脱出して正社員就職するのは大変です。

大学中退後、

「仕事をどうしよう」

とお考えになる方も多いと思います。

とりあえずフリーターになって生活しながら、自分がやりたい仕事、就きたい仕事を考えて見るか、正社員就職をいきなり目指すか。

目的があってフリーターを選ぶのであれば、また違ってきますが、なんとなくやりたい事も無いし・・・と迷われているのであれば、就職活動をオススメしたいと思います。

大学中退者の就職活動 方法について

今はやりたい仕事が無い、というのは「情報が不足していてどんな仕事があるか分からない」から、ともいえます。

就職活動を真剣にやっている間に興味のある仕事、自分に適性のありそうな仕事が見つかるのはよくある話です。

そうした事を見つけるための就職活動でもありますからね。

大学中退者の就職活動の方法として、

・ハローワーク
・求人サイト
・求人誌、フリーペーパー
・人材紹介会社(就職支援サービス)

などを利用する事が出来ます。

いずれを利用しても正社員就職に成功する人はいますが、より成功率の高い就職活動をしたいのであれば、就職支援サービスがオススメです。

大学中退者は「大学中退理由」の説明が重要

面接
大学中退者が就活をする場合、必ず面接で聞かれるのが、

大学中退の理由

です。

面接官によっては、かなり色々な質問をして突っ込んできます。

嘘はいけないのですが、出来るだけネガティブにならないように大学中退理由を答える必要があります。

大学を中退した理由の答えからで不採用になってしまう可能性だってありますからね。
しっかりと準備をしておく事が必要です。

大学中退理由や志望動機など含めて面接対策を行うには、就職支援のプロからサポートを受ける方法がオススメです。

就職支援を利用する場合には第三者として率直にアドバイスをくれますし、気を遣って悪いとこはあえて言わない・・・といった事もありません。

身内や友達にアドバイスを頼むと気を遣われることもありますし、ズバッと言われると腹が立ってしまってかえってダメな場合もあると思います。

そうした事を考えても、第三者であるキャリアアドバイザーなどからアドバイスをもらった方が的確ですし、多くの方の就職支援の経験・実績もありますから参考になる事は多いです。

求人紹介も受けられますし、アドバイスもある。
面接対策もあり、待遇交渉なども代わりに行ってくれる。

他にも就職活動の方法はありますが、ここまで手厚いサポートがあるのは、就職支援サービスだからこそと言えます。

⇒ 大学中退者 正社員就職の実績多数!おすすめ就職支援サイト

正社員就職に有利な資格を取得してから就活

大学中退後、正社員就職に有利な資格を取得してから就職活動をする、という方もいると思います。

その際、取得する資格はしっかり選ぶ事が重要です。

当たり前ですが、企業によって評価する資格は違います。
また、取得していても業務に役に立たないから、と評価されない資格も実は多いです。

資格取得は就きたい仕事、職種などが決まっている場合には良いかもしれません。

資格が無いと就職が難しい仕事もいくつかありますからね。
医療事務は今も昔も女性から人気のある事務職ですが、資格取得者が多く持っていて当たり前的な職種になってしまっています。

そのため、未経験から就職するには資格取得は前提といえますから、資格取得は必要とも言えます。

資格取得を考えるにしても、評価されるのは取得が難しい資格です。

何個か資格を持っていれば評価される、という考えであれば捨てて、すぐに就職活動をした方が時間的なロスも無いので良いかもしれません。

大学中退だからこそ、正社員求人を狙う

大学中退フリーター向け正社員求人
大学中退後、正社員就職しやすいのは中退直後です。

ここでフリーター生活やニート生活を挟んでしまうと、

なぜ大学を中退したのですか?

といった質問に加えてさらに、

なぜすぐに就職活動をしなかったのですか?

なぜ、2年もフリーターをしていたのですか?

ニートの間、何をしていたんですか?

といったような質問も増えてしまいます。

大学中退後、時間が空けば空くほど正社員就職のハードルは上がっていきます。

目指したい夢、公務員試験などを受ける予定があるといった場合には別です。

しかし、とりあえずフリーターで良いかな、といった事で考えているのであれば、大学中退後だからこそ正社員就職を目指す、と言う事をオススメしたいと思います。

⇒ 大学中退者向けおすすめ就職支援サイト

などを活用する事で、大学中退者も積極的に中途採用を行っている企業の求人紹介を受ける事が出来ます。

企業ごとに面接対策などもアドバイスを受けることが出来ますから、就職成功率も高くなりますよ。




キーワード