大学中退者の就職活動
大学中退 就職 > 大学中退 就職 > 大学中退の就職は厳しいが、成功率の高い就職活動を

大学中退の就職は厳しいが、成功率の高い就職活動を


大学中退者の就職が厳しいけれど、就職はできます

大学中退すると、就職活動が難しい・・・ということもよく見たり聞いたりします。

実際、大学を中退した後に就職活動をスタートしてみたけれど・・・全然内定が貰えない、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

大学を中退しなくてはならない事情も色々あるとは思うのですが、それは書類選考の段階ではなかなか伝えるのは難しいです。
そため、中退者はやはり不利な就活にはなってしまいます。

しかし、そうした難しい就職活動ではあっても、会社探しの仕方を選ぶことで成功率の高い就職活動をすることができるようになります。

この記事では、大学中退した人の就職活動の方法、内定率の高い就職支援についてご紹介しています。

⇒ 大学中退後、おすすめ就職サイト

もご覧になってみてください。

大学中退者の就職が厳しい理由

大学中退して就活が厳しい男性

大学中退者の就職が厳しい理由としては、次のようなことが挙げられます。

回避できる就職が厳しくなる理由もありますし、学歴として変えるのが難しい部分もあります。

大学中退により最終学歴が「高卒」になる人が多いから

大学中退することによって、最終学歴が「高卒」となる方も多いと思います。

そのことによって、応募条件に「大卒以上」となっている求人については、応募することができなくなります。

入社したいと思った会社であっても、学歴の応募条件を満たすことができなくなってしまうため、就職のチャンスが減ることになります。

希望する業界、職種によっては、就職がとても厳しい状況になってしまいます。

継続する力が低い

どうして大学中退したのか、といったことは面接では質問されますが書類選考では「大学中退」の事実のみしか伝わりません。

大学を辞める理由も人それぞれありますが、中退を回避する方法があったのではないか?と考えられる可能性もあります。

また「会社に入社してもすぐに辞めてしまうのではないか?」という印象を持たれる可能性もあります。

書類選考を通過するために、まずは履歴書や職務経歴書のそのほかの部分でアピールする必要があります。

孤独な就職活動

大学中退した場合、中途採用枠を狙っての就職活動となります。

また就職活動も自分一人で進めることになります。

そのため、大学中退後に就職活動をなかなか始めることが出来ない方もいます。

新卒の場合には就職活動は友人と相談しながら、進めていくことができる人も多いため刺激を与え合いながら就活できます。

大学の就職課のサポートも受けながら、仕事探しができるので情報収集もしやすいです。

しかし、大学中退するとそうした大学のサポートは利用できません。

そのため就職活動が上手くいかず、後回しになってしまったりするケースは多いといえるでしょう。

大学中退後のブランク期間

大学中退後の就職活動の時期ですが、すぐの時期に就活をスタートするのが良いです。

大学中退してからのブランク期間が長くなるほど、就職が難しくなっていってしまいます。

アルバイト期間やニート期間が思っていたよりも長くなってしまった・・・といった場合もブランク期間として見られることになりますので、就職活動が厳しい状況になりやすいです。

大学中退者の就職活動 おすすめの方法

大学中退後の正社員就職

大学を中退する前は意外と早く正社員として就職先が決まると思っていた方も、実際に就職活動をしてみて厳しさを実感する事も多いのではないでしょうか。

記事の後半では、大学中退者が正社員就職するために成功率の高い就職支援サービスをご紹介していきます。

なかなか仕事が決まらない、仕事が無い・・・とお悩みになっている方は、ぜひ活用されてみてはと思います。

例えば、世間的に見て20代はまだまだ若いですし、求人もたくさん見つかりそうです。

しかし企業の採用担当者としては、求人への応募者が大学中退となると聞きたい事はたくさんあります。

「なぜ大学を中退したのだろう?」

「大学中退がなぜ24歳?留年、浪人したのだろうか?」

「なぜ、卒業まで頑張れなかったのかな?」

やはりストレートに入学した人を想定しやすいですから、22歳以下の大学中退者をイメージする事が多いです。

そうした面接で必ず聞かれるであろう質問全てに対して、しっかりと答えを準備しておく事も就活準備として重要となってきます。

どうしてもネガティブなイメージをもたれる事も多いため、その分、就職活動は不利と言えます。

大学中退後は、フリーターではなく正社員就職にこだわるのがオススメ

就職活動で面接を受ける
今、どうしても就職が決まらなくて・・・と悩まれている大学中退した方も多いと思います。

フリーターでも生活出来るし、しばらくは就活しなくてもいいや・・・

と諦めるのはもったいないです。

新卒で就職活動をする人の中にも、何十社にも履歴書を送ってやっと内定が貰える、という人もいるくらいです。

まして大学中退者の就職活動は中途採用枠を狙ってとなります。

新卒よりも不利な就活になりますので数社、10社程度落ちたくらいで諦めるのはもったいないと言えます。

フリーターから正社員も厳しい就職活動になりやすい

それにフリーターは年齢が上がるにつれて就職が難しくなっていきますし、本人としても様々な不安、ストレスが増えやすいです。

・アルバイトは職歴として見られる事がほぼ無い

・正社員とフリーターは得られる給料に大きな差が出る

・フリーターは社会的な信用が無い

・年齢が上がるにつれてフリーター脱出、正社員就職が難しくなる

・30歳を越えると、アルバイトも見つけにくくなる

など、色々な事が考えられます。

改めて書くまでも無い感もありますが、フリーターのまま年齢が上がっていくのは正社員として仕事に就く事を考えるとリスクでしかありません。

フリーターではローンを組む事もままならず、結婚したいと思っても反対されて、いつ就職するの?と家族から聞かれてストレスを感じる・・・

20代後半まではアルバイトも見つけやすいとは思いますが、30歳を越えるとアルバイトも見つけにくくなってきます。

当然、正社員就職ももっと難しくなってしまいます。

目先の収入はアルバイトでも十分に得る事が出来ますが、ここは頑張ってアルバイトを調整して就職活動も並行される事をオススメしたいです。

正社員になるには、若い方が断然有利です

大学中退後、20代の間に正社員就職を目指しましょう

大学中退して数年フリーターをしていたとしても、まだまだ若いと言えます。

就職活動を頑張ってみても内定がなかなか貰えない方は、就職活動の仕方が間違っている可能性が高いです。

特に一人の就職活動の場合には、修正ポイントに気づけない事も多いため不採用が続いてしまう可能性がとても高いんですね。

大学中退、厳しい就活でも正社員になるには

大学中退からの就職活動は20歳前後、22歳といった方問わず新卒よりもハンデがあると言うことを受け入れる事がまず大切かなと思います。

就活に苦労するのは前提で進めた方が、頑張りがきくでしょう。

大学中退者の就職活動が苦戦する大きな理由は、

・中途採用、それも高卒以上可・学歴不問の求人に限定されるため

・面接での質問が通常よりも厳し目

・大学中退という印象・イメージがネガティブ

といった事が挙げられます。

求人への応募条件が限定されたり、面接で厳しい質問が来るのはもう仕方ありません。

大学中退を選んだ事実は変えられませんから、今後も就職活動をするにあたっては必ずぶつかる問題です。

大切な事は、それらを受け入れてしっかりと準備をする事。

出来れば、正社員になるための遠回りをしないで済むようにサポートを受けながら就職活動をされることをオススメします。

大学中退者向け就職支援

大学中退者も利用OKな就職支援サービスはたくさんあります。

その中でも、DYM就職、就職shop、ハタラクティブ、ジェイックといった20代フリーターや大学中退、既卒など支援実績が多い就職支援サービスをご紹介しています。

⇒ 正社員就職の実績多数!おすすめ就職支援サイト

こうした就職支援を利用する事で、大学中退者OKの企業も紹介してもらう事が出来ます。

利用するメリットとしては、職歴なし・未経験からでもOKの正社員求人を紹介してもらえるのは大きなメリットと思います。

もちろん、受ける企業ごとに詳しい情報、面接対策もアドバイスをもらう事が出来ますから内定率も上がりますよね。

自力での就職活動で不採用が続くと、どうしてもモチベーションも下がります。

そうした辛さをあえて通らなくても、最初から上記でご紹介しているような就職支援サービスを利用する事で短期間で正社員就職に成功する事も可能です。

職歴なし大学中退、未経験からの正社員就職、厳しい就活になりやすいですから、サポートを受けての就職活動もオススメです。

関連記事として、

大学中退フリーター 就職しやすい職種

大学中退 未経験からでもプログラマーに就職できる!

などもご覧になってみてください。




キーワード