未経験から医療機器営業職へ就職
大学中退からの正社員 就職サイト > 就職先 > 大学中退 営業職への就職

大学中退 営業職への就職


大学中退 営業職 就職

大学中退者の就職先、営業職はどう?

未経験から就職、正社員求人が多い職種、といえば「営業職」が真っ先に思い浮かぶ、という方は多いと思います。

高卒からでも就職しやすい職種、となるとある程度、限られてしまう地域の方も多いと思いますが、営業職は地方にお住まいの方であっても中途採用は多いですね。

大学中退者の最終学歴は「高卒」となる方が多いと思いますが、営業職は高卒以上可、学歴不問といったことで求人が多く出ていますから、就職のチャンスということで考えると多いといえます。

営業職は実績次第では、高年収を狙いやすい職種です。

業界をしっかり選んで営業職の求人へ応募、就職する事が出来れば将来的には年収1,000万円以上を狙える会社もあります。

大学中退やフリーターからの就職であっても、将来的な事を考えて就職先を選ぶ事はとても重要です。

その会社がどういった業界に属するか、業界の将来性、企業の社員への待遇・福利厚生などによって、得られる給与・年収も大きな金額差になりますし、生活もガラッと変わってくるでしょう。

もし、営業職として就職する事に興味をお持ちの方は、会社の詳しい情報を得てから入社を決める事が大切です。

そのための就職活動の方法として、大学中退者やフリーターといった方、20代向けに就職支援サービスをご紹介をしている、

⇒ 正社員就職の実績多数!おすすめ就職支援サイト

などを利用して、就職した後にどんな商材を扱うか、営業スタイルはどうか、上司の人柄、性格はどうかなど情報を得て判断されることをオススメします。

営業職は奥の深い仕事!

営業職は、実際に働いている知り合いから聞いても、

奥の深い仕事

といえます。

営業職、と聞いてキツそう・・・と感じる方の多くはきっと、

飛び込み営業

をイメージされていると思います。

確かに飛び込み営業もありますが、そうしない企業の営業も多いと言えます。

全ては就職先の会社、上司次第。
精神論が好きな上司がいると、大変なんですよね。。

就職先を選ぶ事によって、やり甲斐のある面白い仕事が出来るのが営業職です。

そして、実績次第でインセンティブがあったり、賞与・ボーナスに反映されやすい職種ですから、20代で平均年収を超える給与を手にする方も少なくありません。

実績を積めば、大学中退や元フリーターと言った事もあまり関係なくなってきます。

実績のある営業マンはさらに仕事がしやすく、自分で時間管理もしやすくなりますのでより仕事が面白くなる、そうした好循環でお仕事をされている方も多いです。

営業職として就職を考える前に、営業の仕事について抑えておきたいポイントがいくつかあります。

営業職の基礎知識

営業と言っても扱う商材によって営業の仕方も変わってきます。

未経験者が営業職として就職・転職をする際には扱う商材について、注意をされると良いと思います。
扱う商材により、営業の大変さがかなり変わってくると言えます。

ここでは簡単にフリーターや大学中退者、既卒者、ニートなど未経験者が営業職に就くことを考えた場合に知っておきたい、営業職の基礎知識についてまとめてみたいと思います。

営業職が扱う商材の種類

営業の仕事、と聞いてどういった仕事や商品をイメージされますか?

営業=キツそう、というイメージがすぐ思い浮かべられた方も多いのではと思います。

営業職が扱うのは大きく2つの商材として分ける事が出来ます。

・有形商材
有形商材とは形があるものです。
家電、自動車、住宅もそうですし、食品、服、飲料品など形のあるモノとなります。

・無形商材
無形商材は形がないものです。
コンサルティング、人材紹介、広告、保険、士業の各種代行サービスなどもそうでしょうか。

対象顧客の種類

営業をかける対象も重要ですよね。

・法人営業
企業を対象として営業を行います。
1回の取引の金額も大きく、成功すると業績アップに大きく寄与する事も多いです。

・個人営業
一般消費者や家庭を対象とした営業を行います。

営業スタイル

営業スタイルも就職・転職先の企業により異なります。

ここも、未経験から営業職を目指す場合には気をつけたいポイントです。
仕事の仕方もかなり変わってきますからね。

・新規開拓

・既存営業(ルート営業)

新規開拓にしても、自分で電話をしてアポを取っ手という働き方もあれば、電話・アポ取りは外注して正社員はプレゼン、クロージングに特化している企業などもあります。

業界別 営業職の平均年収

大学中退後、仕事どうしようかな?と考えて未経験が多い営業職に興味をお持ちになった方も多いと思うのですが、仕事内容、働き方以上に気になるのが、

給与、平均年収

ではないでしょうか。

営業といっても様々な業界で営業職があります。

例えば例年、転職に関しての様々な情報を分析、ランキングとしてまとめて掲載しているDODAを参考にさせていただくと、

営業職の平均年収ランキング(2017年)

では、営業系全体の平均年収は443万円。

医薬品メーカーの営業が平均年収651万円でトップ。
次いで2位が、営業ーCRO/SMO/CSO 616万円。
3位が営業ー医療機器メーカー 568万円。

となっています。

DODAはキャリアのある方の転職支援が主ですから、大学中退者やフリーターには不向きな人材紹介会社ですが、掲載しているデータはとても参考になりますね。

参考URL:平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金)

平均年収が高い営業職上位3つ、医薬品、製薬業界、医療器ということで今の国内市場の状況も感じられるランキングと言えるのではないでしょうか。

需要がある業界はやはり営業職の平均年収も高め、といって良いようです。

営業職として将来的に高年収を希望されている方は、就職や転職を希望する業界がこれからも伸びそうか、落ち目(斜陽)かなども考えながら、求人をチェックされると良いかもしれません。

大学中退からでも正社員就職のチャンスが多い営業職

求人サイトを見てみても、大学中退者やフリーター向けの就職支援サービスを見てみても、求人の割合で多い営業職。

それだけ職歴なし・未経験からであっても就職するチャンスがある職種、と言えます。

特別な知識などが必要な営業職もありますが、未経験OK求人が多い事からも分かるように、大多数の営業職では特別な知識・スキルは必要なく、人間性やコミュニケーション能力、積極性などを評価されて、中途採用される事が多いです。

20代の未経験者は積極的に中途採用を考える企業は多いです。
30代でも就職のチャンスがある営業職。

大学中退者やフリーター、既卒、ニートといった状況から、正社員就職を目指す際にはもし興味があれば一度しっかりと企業研究や業界研究をされてみてはいかがでしょうか。

⇒ 正社員就職の実績多数!おすすめ就職支援サイト

を利用して情報収集をされるのであれば、詳しい求人先の企業の情報を得て、応募を検討する事も可能です。

営業職の他の未経験OKの正社員求人も多数取り扱っていますから、職歴なし・未経験からの正社員就職を目指す方は、ぜひ就職相談をしてみてはと思います。




キーワード