派遣社員として働く
大学中退からの正社員 就職サイト > 派遣社員 > 大学中退から派遣社員はどう?

大学中退から派遣


大学中退 派遣

大学中退から派遣社員はどう?

大学中退から派遣社員になる事は可能です。

派遣会社に登録をする方は、大学や専門学校を中退してといった方も多いですよ。

給与面に関してもボーナスは無いですが、アルバイトよりも高時給ですから収入面でも余裕は持てると思います。

20代前半であれば仕事も多いですから、派遣先も見つけやすいですよね。

しかし、注意したい事もあります

派遣社員として働く際、重視されるのは実は「若さ」なんです。

派遣社員として今の仕事が見つけやすい状況のまま、ずっと行けるとは考えない方が良いですね。
30代になって今と同じペースで求人紹介があって、派遣先を選べるとは考えない方が良いです。

年齢が上がると共に、仕事も選べなくなってきますし、紹介先がありません、と言われることも増えてくるケースが多いのが実際です。

何かしら資格があったり、これまでの仕事で高い評価を受けていれば別かもしれませんが、普通に派遣で働いてきた方は、仕事が段々無くなっていきます。

少なくとも、選ぶほど求人が紹介される事はなくなってくると考えて良いでしょう。
他の人が避けたい仕事が回ってくるようになってきます。

大学中退後、生活のために1年、2年と期間を決めて派遣社員として仕事。
正社員就職を目指して就職活動と言った事であれば、計画性もあって良いかもしれません。

大学中退後、派遣で働くためのオススメ派遣会社

派遣社員として働く事を希望される場合、オススメは規模が大きく支社など全国にある派遣会社です。

次にご紹介する派遣会社は、知名度も高く多くの方がご存じと思います。
やはり取り扱う派遣求人も多いですし、福利厚生もしっかりしています。

派遣会社を選ぶ際の重要ポイントとして、取り扱い業界・職種、派遣求人数の多さがありますね。

お住まいになっている地域の求人状況もありますが、求人数で見た場合にも利用するメリットのある派遣会社と言えるでしょう。

⇒ リクルートスタッフィング

⇒ テンプスタッフ

将来的に正社員就職を、とお考えの方も多いと思います。

その際には、紹介予定派遣で求人紹介を相談する事も出来ますね。

大学中退 就職 おすすめはやっぱり正社員就職

大学中退者向け就職支援・サポート
これからの人生、生活をしていくためには仕事をして収入を得ることが必要ですが、今後を考えた場合にはやはりオススメは「正社員就職」です。

キャリアとして評価される経験を積む事が出来ますし、給与面でも1年毎に昇給していく職場が多いでしょう。

派遣で働く場合、その職場では更新時も基本的にずっと同じ時給です。

正社員と派遣社員の違いを考えてみると・・・

正社員は雇用も安定していますし(簡単にリストラできません、正当な理由が必要です)、ボーナスもあるでしょう。

有給休暇、介護休業、産休・育休など、福利厚生に関しても期待出来ます。

フリーターと正社員の生涯賃金ほど差は大きくはありませんが、一定の年収が続く派遣社員と正社員の生涯賃金の差もあります。

仕事をして収入を得る、といった事を考えた場合には正社員就職した方が絶対に良い、と言えます。

とりあえずやりたい仕事が無いからフリーター、派遣

といった方へは、

やりたい仕事を探しながら就職活動した方が良い

とお伝えしたいです。

大学中退後の進路選びの重要さ

就職活動の仕方
大学中退後、どんな進路選びをするかはとても重要です!

これまでにも見てきたように、

「とりあえずフリーター」

「時給が高そうだから派遣社員で働こう」

といった選択はもったいないです。

基本的に、替えが効く仕事しか任されないのでスキルや経験値として蓄積されないからです。

派遣で働く場合でも、正社員採用を前提としての紹介予定派遣はまだ可能性がありますから良いかもしれません。

しかし、それも年齢によって避けた方が良い場合もあります。

その理由は、紹介予定派遣はあくまで「正社員登用の予定」であって保証ではないためです。

会社としても紹介予定派遣で来てもらったけれど・・・予想外に他の社員からの評価が低い、見極め期間中に業績が悪化、採用どころではなくなったといった場合には更新もされずに終わる可能性もあります。

ご存じか分かりませんが、派遣から正社員に切り替える時って、結構な金額を派遣会社に支払う事になるんですよ。

そのコスト(お金)に見合う人材かどうか、厳しくチェックされますから、それは覚えておかれた方が良いと思います。

紹介予定派遣は以外と、正社員就職のハードルが高いということ。

であれば、最初から「未経験者歓迎の正社員求人」を狙って就職活動した方が良い場合が多いと言えます。

正社員就職しやすいのは、大学中退直後

大学中退した後は、年齢的に20歳前後の方がほとんどでしょう。

浪人したり、留年して23歳、24歳といった大学中退者の方もいるかもしれませんが、まだまだ20代前半、未経験からでも正社員就職はしやすい年齢といえますね。

20代でも未経験から正社員就職しやすい年齢の区切りはあります。

25歳、27歳、29歳といった年齢の区切りで未経験者歓迎の正社員求人が減ってくるといって良いでしょう。

これからの伸びしろ、活躍出来る年数、給料面などを考えても、20代前半は企業にとっても採用し甲斐のある人材です。

たとえ職歴無し、未経験であっても十分これから活躍を期待出来ますから、積極的に中途採用を考えてくれる企業を見つける事が出来ます。

ただし、注意したいのはそこでブラック企業に就職してしまう事です。

ブラック企業の定義も広くなってきてしまっているように思いますが、引用しますと、

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

引用元:「ブラック企業」ってどんな会社なの?|厚生労働省

毎日終電、徹夜も多い・・・パラハラが多く精神的に追い詰められる、など様々なケースがあります。

こうした人材を使い捨てのように考える企業に就職してしまった場合、やはり早期退職に繋がりやすいですし、責任間が強い方の場合には辞められずに病んでしまう可能性もあります。

そうなると社会復帰まで時間がかかってしまい、復帰できそうな頃には年齢も上がり、就職先が見つからない・・・という、とても辛い状況になる可能性もあります。

最初の就職先こそ、優良企業、ホワイト企業を目指すべきと思います。

そこまで労働条件にこだわらなくても、普通に働いて、普通に残業があって、普通に働きやすい会社はたくさんあります。

自分に合っている仕事、企業を見つける事が重要ですよね。

そのためには企業に直接足を運び、情報収集を行った上で求人紹介をしている就職支援サイトの活用が良いでしょう。

⇒ 大学中退 フリーター向け就職支援サイト

ハローワークや求人サイトは、そこまで掲載している求人に対して情報の確認をしていません。

そのため、妙に明るい未来がまっているような求人を掲載している企業があったりします。

そうした企業の採用情報、見たことありませんか?

全てが怪しい訳ではありませんが、未経験からいきなり年収600万、翌年部長へ昇進、社長が全面に出てくる求人情報は、やはりどことなく信用がおけないものです。

地に足のついた就職活動を行う事が大切と思います。

大学中退をした後はまだ年齢的に焦る年齢ではありません。

しっかりと情報収集を行い、自分に合った仕事、長く安心して働く事が出来る企業探しに力を入れてみてください。




キーワード